所信・基本方針 副理事長基本方針

ホーム > 所信・基本方針 >副理事長基本方針

ひたちなかJCI 2018年度スローガン 覚醒 〜目覚めたその先へ〜

エンジェルタッチ メンバー専用 スケジュール・出欠確認

Agenda System アジェンダシステム 会議資料・議事録管理

副理事長 基本方針

■永 井 大 貴(Hirotaka Nagai)

永井大貴

 我々は「明るい豊かな社会の創造」に向けて日々運動を展開しており、この理念は青年会議所発足以来、決して変わることなく先輩諸兄より脈々と受け継がれてきた運動の根幹です。

 本年は節目となる25周年を迎え、紡いできた伝統の節目を迎えるに当たり青年会議所の本質からぶれる事のない運動を引き続き地域に発信する組織として、事業を通して成長し、多くの同志・次世代とともに未来を見据えた、成長できる運動の展開が必要です。

 昨今、若者の政治離れが指摘されてきましたが、茨城県では若年層の選挙投票率が我々責任世代を上回る結果をだすなど、地域で行われてきた選挙教育等を通し一定の結果を出しつつあります。まずは、引き続き様々な形で政治参画意識や愛国心、郷土愛の醸成をするためには、幼少期からこの地域に対しての思いを深めていくことが必要です。

 そして、我々責任世代が次世代を担う世代とともに、この地域を真に考え、何を必要とし、何を求めるのか、世代の垣根を越えた議論やリサーチをすることで、地域(まち)づくりに繋がる意見を集約し、一歩踏み込んだ発信に繋げる事が出来ると考えます。さらに、我々の運動を通し、次世代を担う世代が一主権者として各々の考えをしっかりとした根拠に基づいた議論ができるようになった時、この地域の未来は必ずや明るい希望の光が差し、幸福度の高い地域へと成長していくことができると考えます。

 また、一般社団法人ひたちなか青年会議所が誇る継続事業として、CAMP VILLAGEが14回目を迎えます。本事業の在り方を、しっかりと議論を進める事で地域益・LOM益・メンバー益を有する更なる事業へと発展させていきましょう。

 我々は地域とともに生き、生かされています。この豊かな那珂大地の発展に寄与できる団体として、不退転の覚悟をもって事業に取り組み、地域(まち)の未来のために、次世代と共に成長します。

■櫻 井 達 也(Tatsuya Sakurai)

櫻井達也

 昨今我々を取り巻く環境は日々進化を遂げ、目まぐるしいスピードで進んでおります。

 世界に目を向ければ、近隣諸国問題、環境問題など様々な問題を抱え、日本においても温暖化、災害、台風、豪雨などの発生により現代社会に激動と激変をもたらしています。見えない不安に我々は決して怯むことなく、日々の生活を送らなくてはなりません。

 青年会議所活動においても、先の見えない未来をしっかりと見据え、市民・村民が抱える地域社会の不安や不満を笑顔に変えて運動を展開していかなければ、我々が唱える「明るい豊かな社会の創造」は実現せず、未来ある子供達がこの時代に生まれてよかったと言ってもらえるような地域発展を目指して我々は日々邁進して行かなければなりません。

 次世代を担う青少年が、各自の持つ能力や個性を十分に発揮し、心身共に健やかに成長でき、地域社会の一員として、精神的・社会的に自立することは、私たちの願いであり、それを実現させることは私たち大人に課せられた責務でもあります。

 現代社会では、地域コミュニティの衰退で青少年を取り巻く環境が大きく変化しており、虐待・非行やいじめ、不登校などの問題が深刻化しています。これらの状況の中で青少年が家庭・学校などあらゆる生活の場において、人間関係や運動を通して豊かな人間性を育み、健全に育成されるように学校やご家庭などと連携を強化し、様々な人々とのふれあいを通じて精神的・社会的に自立できる青少年を育成していきます。

 この活動を通じて、我々一般社団法人ひたちなか青年会議所が地域(まち)において重要な役割を果たし、地域社会のリーダーとして失敗を恐れず果敢に青少年事業を構築し、市民・村民が安全で、安心して暮らせる心豊かな地域(まち)の未来のために、次世代と共に成長しよう。

専務理事 基本方針

■舩 戸 將 太(Shota Funado)

舩戸將太

 本年度、ひたちなかJCは25周年という節目の年を迎えます。先輩諸兄より引き継がれてきたひたちなかJCの歴史を絶やすことなく現役のメンバーとしてこのひたちなかJCをさらに発展させていくという強い意志を持つことが重要です。

 青年会議所運動の根幹でもある「明るい豊かな社会の創造」に向けて率先して行動し、自らの成長とともに多くの同志を迎え入れ共に成長を遂げ、30周年に向け未来を見据えた運動の展開が必要です。

 まずは、メンバー全員の資質向上を図るべく研修事業を実施し入会3年未満のアカデミーメンバーを含め楽しく学べる機会を創出します。そして、メンバー一人ひとりがひたちなかJCの魅力を理解したうえで、会員拡大を行い、未来を見据えた運動を展開していくために、力強い組織となるよう多くの同志を迎え入れて参ります。

 さらに、地域(まち)発展のために活動する組織として多くのメンバーが参加しやすいLOMの運営に努めて参ります。地域(まち)の発展のために、活動・運動を共にしていくうえで、LOM全体の楽しい環境づくりをすることでより良い事業構築に繋げます。

 また、出向という機会を通して、多くの同志が様々な場面で活動しています。メンバー全員に平等に出向する機会を提供し、出向先での経験を自身の成長できる場としていただくとともに、LOMに還元できる機会を提供します。

 そして、節目の年でもある統合25周年を迎え、偉大なる先輩諸兄が築き上げた歴史や伝統を再認識し、さらに、ひたちなかJCの大いなる発信の場であると考え、30周年に向けたビジョンを明確にしていくための事業構築に努めて参ります。

 ひたちなかJCの運動をより多くの地域(まち)の人たちに理解していただきこの地域(まち)にとって重要な存在になっていくとともに、明るい豊かな未来を創出して行くため私たちが手と手を取り合って、地域(まち)の未来のために、次世代と共に成長します。

PAGETOP