所信・基本方針 会議・委員会事業計画

Think the 那珂大地委員会 事業計画
■委員長 西野 治樹 
■副委員長 清水 宏行

準備中

 近年、人口減少時代の到来と少子化・高齢化の進行に加え、大都市への人口流出で地方都市は、地域コミュニティの縮小・機能低下が進んでおり、地域社会を支える大きな柱であるコミュニティ機能の更なる強化が求められています。

 ここ那珂大地においても、柔軟な思考と行動力、創造性を持った、若年層の積極的なまちづくりへの参画が重要であり、誰しもが取り組める安全で持続可能なまちづくりを協働して推進していく必要があります。

 まずは、若年層のまちづくりの意識をより身近にするために、各地域の恵まれた自然環境や地域の文化的な特性にスポットを当てた体験型の事業や企画を実施することでまちづくり参画に対する意識向上につなげ、まちづくり参画への態勢を整えます。

 そして、自らが積極的にまちづくりに参画する能動的市民を創出するために、行政やコミュニティ団体と協働し、より達成感を実感できる事業を構築することで、想いがカタチになるプラットフォームを創ります。

 さらに、若年層の政治参画意識を高めるために、国政選挙や地方選挙の際に、イベントを絡めた公開討論会を実施することで、家族での参加を促しながら、政策本位の政治選択を推し進めます。

 また、那珂大地の魅力を次の世代につなげるために、地域資源の魅力向上を目的に活動する諸団体と連携をしていくことで、ひたちなか・大洗リゾート構想の将来的なインバウンドへの拡大となり、埋もれている地域資源をより魅力的な観光資源へと昇華させます。そして、新入会員拡充のために、事業や例会をSNS等で積極的に発信することで、オブザーバーを勧誘し、LOMの活動を知ってもらいます。

 これらのJC運動は一人ひとりが輝きメンバーが創る未来へとつながり、地域の成長発展により良い変化をもたらし、失敗を恐れず挑戦をし続けたその先に、安全で持続可能な明るい豊かなまちづくりがあるということを胸に、志を強く持ち信じる道を進みましょう。

1.政策事業の実施<例会>
2.地域における公開討論会への対応
3.行政・地域で活動する諸団体との積極的な連携
4.新入会員の情報・拡充
5.LOMの発信に繋がる広報
6.ジュニアクラブとの連携

青少年向上委員会 事業計画
■青少年向上委員会 委員長 小池 陽太 
■副委員長 黒沢 一生

準備中

 インターネットの環境が整い、SNSの普及といった急激な情報化社会の進展は、青少年に様々な情報をもたらすと同時に、友人や仲間とのコミュニケーション手段も大きく変化してきています。遊びの空間が外から内へ変わってきたことにより、基礎的な体力や精神力が培われず、人との交流や直接的な体験をする機会が少なくなってきている子供たちに対して、直接的な体験から得られる自立心や協調性を兼ね備えた人材の育成が必要です。

 まずは、私たちJCメンバー一人ひとりが青少年育成事業への認識を深めるために、地域の声に耳を傾け、メンバー同士で情報を共有し、課題解決に向けての問題点を知ることで、青少年を取り巻く現状を理解します。そして、自分の意志をしっかりと持ち、自ら行動する力を養うために、スポーツを通して、直接的に人とふれあい交流をすることで、実践的な体験から忍耐力や責任感、協調性を育みます。

 さらに、我々の住み暮らす那珂大地がより住みやすい地域となって、未来に向けて発展していくために、地域について子供たちと共に学ぶことで、歴史や伝統や文化を伝え、大切に受け継いでいくような社会を築きます。

 また、将来の地域を支える人材を育成するために、ジュニアクラブメンバーと共に事業構築をすることで、彼らが地域の青少年の模範となり、自分たちで考え主体的に行動するリーダーとしての資質を養います。そして、多様な人々が住むこの地域の調和のとれた発展のために、特別支援学校との交流を通し、障がいの有無などあらゆる違いを肯定し、自然に受け入れ、互いに認め合う精神を学ぶことで、持続可能な共生社会を実現します。

 子供たちは、互いを尊敬し合い自分の力を最大限に発揮できる仲間同士となり、地域の未来を支える人材となると同時に、子供たちの成長に関わった我々は何事にも率先して行動し、地域の発展を牽引するリーダーへと成長し、志を強く持ち信じる道を進みましょう。

1.青少年育成事業の実施 <例会>  
2.ジュニアクラブとの窓口     
3.特別支援学校交流事業の窓口    
4.行政・地域で活動する諸団体との積極的な連携    
5.新入会員の情報・拡充
6.LOMの発信に繋がる広報
7.ジュニアクラブとの連携

専務室 事業計画
■室長 菊本 純広 
■次長 落合 恵一

準備中

 本年で統合27年目を迎えた我々は、多くの偉大なる先輩達から意志を引き継ぎ、また新たな志を持った仲間を迎えることにより変革をもたらしながらJC運動を行うことができています。単年度で組織の運営体制が変わるひたちなかJCの新体制は、理事メンバーのほとんどが入会歴の浅いメンバーで構成がされており、誰もが安心して活動できる体制を整え、そして円滑なLOM運営を専務理事と委員会とが連携し牽引する必要があります。

 まずは、総会・理事会・三役会を滞りなく運営するために、事務局と連携し、運営マニュアルに沿った設営・運営を行い、参加メンバーのスムーズな合意形成を図る場を整え円滑なLOM運営を実現します。そして、各種配信資料や連絡事項、情報発信を円滑に行うために、アジェンダ配信システムやLINE、メーリングリストなどを活用し、LOMの活動や情報伝達を滞りなく行います。

 さらに、全メンバーに出欠席の意思表示や早めの日程調整を行って頂くために、時代に沿った新たなツールの活用や月間スケジュールを配信するなど、簡単な操作でLOM内外のスケジュールを全メンバーが把握しやすい環境づくりに取り組みます。

 また、全メンバーが安心して活動できる体制を整えるために、専務室を中心に役員メンバーと各委員会とが密に連携をすることで、友情を深め仲間と共にJC活動を誰もが楽しめる環境づくりに尽力します。そして、地域の先導者として那珂大地の発展に寄与していくために、青年会議所が掲げる明るい豊かな社会の創造やSDGsの推進を行政や関係諸団体へ発信することで、ひたちなかJCの存在価値を維持していきます。

 これらの活動はひたちなかJCの基礎となり、全てのメンバーが安心して活動できる運営体制はひたちなかJCの魅力を引き出すためのツールとなり、今後もJC運動を展開する上での大切な役割だという誇りを絶やさぬよう、志を強く持ち信じる道を進みましょう。

1. 総会・理事会・三役会等の組織運営に関する準備・調整及び設営・運営
2. 公式行事・対外行事の参加推進及び取りまとめ
3. 情報発信と共有体制の管理・運営及びLOM間交流の推進
4. 渉外対応
5. 卒業生を送る会の企画と実施<例会>
6. 卒業生担当例会<例会>
7. 緊急事業の企画と実施
8. HP等情報ツールの管理・運営・活動の記録
9. 行政・地域で活動する諸団体との積極的な連携
10. 研修・出向の情報展開
11. 新入会員の情報・拡充
12. LOMの発信に繋がる広報
13. ジュニアクラブとの連携

30周年準備連絡会議 事業計画
■議長 井上 雅皓 
■副議長 萩谷 樹莉

準備中

 現代では若者が社会とのつながりをあまり持たなくなり、日本の青年会議所では、近年会員の平均年齢がますます上がってきていますが、ひたちなかJCでは20代のメンバーも増えており、未来を見据える絶好の機会となっています。3年後の統合30周年に向け、那珂大地の未来をどのように運動を展開していくかが重要な時期だからこそ、中長期ビジョンの方向性を模索し、若いメンバーや新入会員と思いを共有していく必要があります。

 まずは、30周年記念式典を盛大に且つ厳かに開催するため、20周年記念式典を振り返り、当時設営を行った先輩諸兄姉に周年式典への思いや体験を伺い内容を共有することで、メンバー間の意識を統一し、30周年を迎えるための雰囲気を作り出します。

 そして、30周年に向けひたちなかJCのビジョンを導き出す準備をするために、那珂大地にこれから何が起きるのか、何が必要となるのかを調査し勉強会を行うことで、メンバー一人ひとりが本質を捉えたビジョンを描けるようにします。

 さらに、30周年を機に那珂大地に住み暮らす人たちに対し、ひたちなかJCのブランド価値を高めるため、準備段階からSNSなどを通じて発信することで、ひたちなかJCの認知度が向上します。また、ビジョンを具現化できる体制を作り出すため、20代から30代前半の入会候補者を掘り起こし拡大運動を行うことで、30周年を多くのメンバーで迎えることができます。

 そして、30周年に向けてメンバー同士の結束力を高めていくため、現メンバーと新入会員との交流を促進し、多くの機会を共にすることで、すべてのメンバーと思いを共有していきます。

 ひたちなかJCが27年を経て、これまで存在してきた理由と新たなビジョンを構築できるよう意識が統一され、ブランド価値が高まり、新時代に向けて若いメンバーが多く入会し、メンバー同士の交流がより盛んとなるよう、志を強く持ち信じる道を進みましょう。

1. 30周年へ向けての企画準備
2. 30周年後のビジョン確立の準備
3. 30周年までの資料作成の準備
4. 周年事業に向けての委員会開催<例会>
5. 会員拡大へ向けての会議
6. 新入会員拡大の情報共有や新入会員拡大における連絡体制の統括

CAMP VILLAGE 2020 実行委員会 事業計画
■実行委員長 川﨑 裕弥 
■事務局長 大内 一

準備中

 今年で26周年となりました日本を代表する音楽フェスであるロック・イン・ジャパン・フェスティバルは、昨年に5日間開催で約34万人を動員し、那珂大地に根差した音楽イベントへとなっております。しかし、56年ぶりに東京オリンピックが開催となり、開催期間が3日間へと縮小し、それに伴いCAMP VILLAGE(以下CV)も開催期間が短縮し、より充実した環境を整え、那珂大地の魅力を更に発信していく必要があります。

 まずは、メンバー全員のCVに対する参画意識の向上を促すために、メンバー内でCV実行委員会経験者が少ないことから、現在までのCVについて勉強会を行い、メンバーに運営のイメージができるような情報共有をしていきます。

 そして、来年も参加してもらえるようにするために、五感へ刺激を与えられる様、やすらぎの空間創りを行うことで、心が癒されている感覚を得てもらいます。

 さらに、来場者の安全や健康を確保するために、避難場所や避難経路の周知や、涼しさを感じられるブースを設置することで、昨今の異常気象による災害や猛暑から守ります。また、宿泊場所を考えている方がCVに参加しやすくするために、テントが無くても宿泊できるブースや1人でも参加をできるブースを提供することで、来場者のニーズに応えます。

 そして、来場者にとってよりよいCVとするために、事業関係会社と密な協議を重ね連携をすることで、CVの利便性を整えて参ります。さらに、那珂大地に住み暮らす市民にCVを根差すために、那珂大地における関係諸団体と積極的な広報活動を行い、市民の方々に那珂大地を代表する事業と知ってもらいます。

 私たちが関係諸団体の方々と共に創りあげていくCVは、LOM最大の事業であり、メンバー全員の想いを大きな夢として語り合い、メンバー同士の信頼関係を築き上げ、那珂大地の明るい未来に向けて良い変化をもたらす様、志を強く持ち信じる道を進みましょう。

1. 更なる進化を目指したCAMP VILLAGEの企画と実施<例会>
2.地域と連携した継続事業の運営
3.新入会員の情報・拡充
4.事業関係会社との連携及び対応
5.行政・地域で活動する諸団体との積極的な連携
6. LOMの発信に繋がる広報
7. ジュニアクラブとの連携

TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2020 実行委員会 事業計画
■実行委員長 藤枝 邦之 
■事務局長 橘内 隆行 
■事務局次長 根本 忠

準備中

 本事業が今年で17回目となり、これまで青少年育成と地域振興を軸に構築し、高校生が社会と関わりを持つことで、自主性と公共性及び無償性を体験する機会の創出を行ってきました。物や情報などの豊かさと便利さに恵まれている一方で、他者との関係の希薄さが問題視されている現状において、人間性や価値観などの人格を形成する多感な青少年期にまちの地域資源に触れ、同世代の仲間と共に事業を創りあげる社会活動の場が必要です。

 まずは、アカデミーメンバーが半数を占める今、事業継続の意識醸成のため、先輩諸兄から歴史と背景を学ぶことで、この地域ならではの青少年育成事業を運営しているプライドを確立します。そして、学校や地域の垣根を越え、他の参加者をリスペクトし、ノーサイドの精神を学ぶために、審査終了後のアフターマッチファンクションで友情を育むことで、多くの仲間と頑張ってきた経験が、得難い財産となります。

 さらに、子供たちが主体となって積極的に発案し行動させるために、ひたちなかJC、学校、地域、行政が青少年の希望を取り入れる姿勢を示すことで、ジュニアクラブの自主性や自発性を育みます。また、高校生が本気で音楽に取り組む姿を応援するまちを周知するために、時代にあった広報活動を展開するとともに、インフルエンサーなどと協働することで、世代を超えて楽しめる高校生バンドの甲子園となり、多くの人に応援される事業となります。

 そして、地域に根ざした青少年育成事業とするために、各諸団体と協働できる環境を整えることで、地域とひたちなかJCのスクラムが形成され、すべての人びとが参画できる事業となります。

 まちに音楽と若者の風が吹き、すべての人びとが愛する青少年の青少年による音楽事業として地位を確立し、ひたちなかJCとジュニアクラブ、那珂大地がONE TEAMとなり、共通の目標に向かい現状に満足することなく、志を強く持ち信じる道を進みましょう。

1.地域と連携したTEENS ROCKの企画と実施<例会>
2.ジュニアクラブとの連携
3.音楽のまち発信の為の外部広報
4.関係諸団体との連携及び対応
5.行政・地域で活動する諸団体との積極的な連携
6.新入会員の情報・拡充
7.LOMの発信に繋がる広報

PAGE TOP